Q&A

鍼は痛いですか?

初診の患者さんからよく質問されますが、鍼は髪の毛より細いものを使用していますので痛みはほとんどありません。しかし、自立神経免疫療法の場合はチクリとした痛みがありますが、我慢できないほどではありません。どうしても鍼が苦手な患者さんの場合は他の治療を行いますので申し出てください。

整体は痛いですか?

痛くありません。バランス活性療法という整体治療はバランスチェックという赤ひげ塾特有の方法で、その患者さんにあった治療を行います。 バキ、ボキという手技は行わず、呼吸に合わせ、体に捻転を加えるソフトな治療です。

鍼による感染の心配はありませんか?

当院で使用する鍼は全てディスポ鍼(使い捨て鍼)なので感染の心配はありません。

健康保険は使えますか?

使えます。しかし、鍼灸治療の場合は医師の同意が必要なので御相談ください。

薬を飲んでいますが治療をしても大丈夫ですか?

薬を飲んでいても大丈夫です。治療をすると血行が良くなりむしろ薬の効きが良くなります。しかし、消炎鎮痛剤やステロイド剤など強い薬は交感神経を緊張させ血行を悪くすると言われています。症状が改善されてきたら医師に相談して薬の量を減らしてもらいましょう。

鍼はなぜ効くのですか?

自律神経のバランスを整え血行を良くし免疫力を上げるからです。つまり鍼治療には自然治癒力を最大限に引き出す作用があるのです。

何回通院すれば治りますか?

一回で治ることもあります。しかし、病状によりある程度、治療を継続し経過観察するケースが必要な場合もあります。

継続は「力」なりです。治療に迷わず、焦らず、継続すれば必ず効果が現れます。自分で自分の身体を自分で守る。自分の身体を労わるのは貴方自身です。治療はその手助けをします。

鍼の治療後、入浴してもいいですか?

30分ほど空けていただければ問題ないでしょう。鍼の刺激で皮膚に穴が開き、そこからバイ菌が入ると考えている方もいるようですが感染の心配はありません。しかし、治療後に入浴すると疲れることがあるので少し時間を空けた方が良いでしょう。

鍼は深く刺したほうが効くのですか?

いいえ、必ずしも深く刺す必要はありません。接触鍼でも十分に効果を出すことが出来ます。最近の研究では4mm以上刺すと交感神経を緊張させ期待通りの効果が得られないという報告もあります。

整骨治療とはどんなことをするのですか?

主に捻挫、打撲、骨折、脱臼、挫傷(肉離れ)などの治療を物療機器や手技療法を使い治療を行います。注射や薬は使いません。肩痛、膝痛、腰痛、ひじ痛、頸痛、なども負傷原因があれば治療できます。詳しくはご遠慮なくお聞き下さい。

治療後、症状が悪化しましたが?

当院での治療後でしたら好転反応と考えらます。東洋医学では瞑眩(めんけん)といい一時的に症状が悪化することもあります。1日でおさまることもあれば1週間以上続くこともあります。しかし、日常生活が出来ないくらい悪化することはないでしょう。構わず治療を続けてください。




▲ページトップに戻る